個性と才能を引き出す子育て

「うちの子は、他の子とちょっと違う行動や考え方をする…。」 

そう思っているお母さん!

それは、お子さんが持っている素晴らしい才能なんですよ!

勉強が苦手、学校が嫌い、ルールを守れない…

そんなお子さんのお悩みを、お母さんの手で簡単に才能に変える子育て術があります!

それが、『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』です。

  才能、と聞くと…

・勉強がずば抜けて出来る

・楽器を弾きこなす

・サッカーや野球などで大活躍 などなど。

すでに目に見えている、こういうことをイメージしますよね?
また、今は目立った成果があらわれていなくても…
好きなことに打ち込んでいる姿を見ると、その才能が開花するように、応援したくなりますよね?

わが子に得意なことや好きなことがない場合は、
「うちの子は、これと言った才能もなくて…」と思いがち。

でも才能って、ほんとうは身近なところに潜んでいるのです。

「他の子とちょっと違う行動や考え方をする…」

実はそれが、才能そのものなんです!

ところが、実際は? 他の子と違う部分って、悩みの種でもありますよね?

なぜなら、違う部分が目立って、人から白い目で見られたり…
学校でも、先生から注意を受けたり…
お母さんも、「直さなきゃ、」と思って注意したり、叱ったり。

そうだとしたら、注意することであなたが子供の才能の芽を摘んでいるんですよ。
せっかくの才能の芽を無意識に摘んでいることに気づいていましたか?

自然現象とまったく同じことです。
影があるのは、光があるからです。

困っていること(影)の横には、才能(光)があります。
お子さんの悩みを問題としてじゃなく、そのそばにある光を見ようとすれば…
隠れていた才能は、一気におもてにあらわれてくるのです!

理屈ではありません。
私自身、たくさんの子供たちと接して来ました。

どの子にも光=才能があること…

その才能がおもてにあらわれたとたん、どの子も最高に素直になって喜ぶ姿に、何度も出逢いました。

空と手a1130_000327


あらためまして、岩崎佳子です。

私はこれまで、高校、短大(保育科、初等教育科)、大学(福祉学科子ども家庭福祉コース)で18年間教壇に立ち、4,000人以上の学生・生徒と関わってまいりました。

また、福岡県の施策でDVの報告書を作成。

以下の調査をもとに、家族の問題を研究し、対策を伝えてまいりました。

・内閣府DV会議に出席 ・東京都精神医学研究所、及び、早稲田大学心理学講師を取材

・アメリカ・カナダにおける「加害者更正プログラム」を調査

現在は、高校で音楽を教えつつ、発達障害の子育ての個別相談に奔走中です。

スクリーンショット 2014-08-08 21.34.39

今、お母さんからいただくお悩みで圧倒的に多いのは、次のことです。

・わが子が、勉強嫌い、学校嫌い、人とコミュニケーションが取れない。

・発達障害のわが子が、将来自立出来るのか不安。

・頭ではわかっているけど、その通りに親として子供に対処出来ない。

・子供の不登校。

・子供のうつ病。

とくに、子供にとっては学校にいる時間が生活のすべて。

学校や社会から、良い評価を受ければ安心するのは、誰でも同じですよね。

でも、そこからわが子がはみ出せば、対応に追われるし、将来が心配になります。

また、子供が問題を起こすと、母親としての自分も責められているように追い詰められます。

そして、ますます子供にイライラしてしまうのです。

でも、はじめにお伝えしたとおり。

他の子と違って、問題のように見える部分。

そこには、お子さんの才能が潜んでいます。

しかし、多くの場合、潜んでいる才能は、周りには理解してもらえず…

わかってもらえないことが理由で、ますます問題がこじれてしまうのです。

問題があるように見える行動は、すべて何かを伝えたい子供からのサインです。

子供は何かに困って、あるいは、何かが楽しくて、気持ちや感情をあなたに伝えたくて行動=サインを送っているんです。

言葉ではうまく表現できないことを言葉の代わりに、その行動=サインで伝えているんです。

「問題を起こすな」と注意することは、子供の伝えたい!という気持ちを奪い取ること。

もっといえば、子供の可能性を奪うことです。

気持ちがうまく伝えられない子供は、あなたに注意されることで、伝わってないと感じ、さらに行動=サインを伝えようとするのです。

子供はあなたに気持ちを伝えたいのです。

だから問題を解決するためには、その言葉と会話をすれば良いのです。

解決法は、このようにとてもシンプルです。

しかしまた多くの場合、大人にその余裕がないんですね。

親だって、生身の人間です。

「これが良い」からと言って、それほど簡単に考え方を変えることは、普通は出来ません。

問題行動は、どうしても問題があるようにしか見えないのです。

それは大人が、自分自身の感情を抑え込み、自分に制限をかけているからです。

この状態では、子供の問題行動に拒否反応を起こすばかり。

子供の内面に踏み込めません。

「ありのまま」を受け止めることと「わがまま」を許すことの違いも、わからなくなっています。

私たちはこれまで長い間、家庭や学校で、「〜〜してはいけない」という禁止や、「〜〜すべき」という義務感を植え付けられ、その価値観の中で生きて来ました。

良かれと思っているしつけや教育は、子供のマイナス面に焦点を当てることからスタートしています。

減点法の教育です。

その結果は、どうでしょう? 子供は本来の力を発揮することなく、やる気さえ失っています。

でも、安心してください。子供は、本来は学ぶことが大好きなのです。

学んだことを社会に向けて生かすことに、大きな喜びを見出すのです。

なぜなら、何度もお伝えするとおり、すべての子供が独自の才能を持っているからです。

その才能を社会に向けて生かしたいという願いを、本人は気づかなくとも、全員が持っているのです。

障害があってもなくても、このことにひとりの例外もないことを、私は自分の経験から確信しています。

子供はあっという間に変わります。

それは、子供と向き合う大人が、これまで受けて来たしつけや教育による思い込み、枠を取り外すからです。

しかも、とっても楽しく簡単な方法で。

この方法をあますことなくお伝えした、『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』。

参加された方が何を受け取ったか、ぜひご感想をお読みください。

今日のセミナーは、すごく深い話でした。 今までしつけと思ってやっていたことも、結局は自分の制限だったり、相手をコントロールしようとしていたということになり、正直、今も激震が走っています。 そして、感情のまま怒ったりして、後で罪悪感にかられることもあったのですが、それはOKということを聞いて、びっくりですが、ホッとしたこともあります。
(H.M様より)

過去に息子に手をあげてしまったことを、罪悪感を持ちながら今まで育ててきていました。 罪悪感を持つ必要がないことを教えて頂き、今まで私の心をしばっていたのろい??みたいなものから開放されました。 もっと楽しんで子育てできそうです。 今日は本当に来てよかったです。 (匿名希望の方より)

お話の内容は、奥の方で全てつながっていて、「自分を信じる」「これでいいと思う」ことの大切さ、こうするための方法を教えていただいたと思います。 またこのような機会がありましたら、ぜひまた参加したいです。
心がホッとして「いいよー」と言われているようで、この会場にいるだけで、うれしい気持ちになりました。
(匿名希望の方より)

自分が手を抜いてしまったら、この子はどうなってしまうのだろう、という不安、焦りなどに、がんじがらめになっていましたが。 自分が楽になる事で、子供も楽にしてあげて、力を伸ばしてく事を学びました。
(匿名希望の方より)

身内に自閉症児がいますが、自閉症についての認識が大きく変わりました。 人が“普通に”出来ることが出来ないのが、「人と違う=ダメ」という認識を変えないと、自閉症児に対する悩みは消えないのだと納得出来ました。 この気づきを頂くために、このセミナーに参加したのだと思います。ありがとうございました。
(タロット占い師 守田のり子様より)

子供をコントロールしようと一生懸命だったような気がします。 問題と思っていた事も、長所かもしれないと思えただけでも、とても嬉しいです。 うちの子供は自閉症で、「普通」に憧れ「普通」を強要してきましたが、個性的だけどいいじゃん、と思える気がしてきました。
(こんちゃま様より)

ママの、ママ自身の制限を外すこと…が全てのスタートなんだろうなあ、と実感した時間でした。
(匿名希望の方より)

子供の苦手なことが実は才能かもしれないということには驚きました。 もっと気楽に、もっとおおらかに子育てをしてよい。 もっと制限を外して良いことに、気持ちが楽になれました。
(匿名希望の方より)

今日の講座で私が心に決めたこと、それは“感情をコントロールしない”です。 良い母であろう、良い人でいよう(会社でも、友人関係でも)これをいつもやっています、無意識に… ここで手放して帰ります。 ありのままでいいんだ、制限のない自分が、まずは自分の人生を楽しむ。 実験してみます。
(匿名希望の方より)

子供の問題行動はチャンスというのが、とても印象に残っています。 今までは、問題行動に対する対応に気持ちが行きがちでしたが。 「教えてくれてありがとう」と、それに向き合う、つながることが大事なんだと気づかされました。
(めい様より)

お二人のお話の中で一番心に残ったことは、子供を信じる、ということでした。 そしてそのためには自分を信じるということも。 講座が終わってから、子供、自分だけでなく、人間というのがそういう大きな力を秘めた存在なのだと思い、信じることを、自分、子供、夫、周りの人に対して始めてみようと思いました。
(匿名希望の方より)

講座を境に、私も子供も、変わりましたよ~!
(現役アナウンサー 松下公子様より)


他にもたくさんの嬉しいご感想をいただいております。

この『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』を、DVDでご覧いただけるようになりました。

スクリーンショット 2014-08-07 17.34.40


【内容】

Q&A

1.中学生の男の子、夢を持っていない場合、方向性を見つけるには?

2.頭では理解していても、その通りに対処出来ない。どうすればいいのでしょうか?

3.自閉症の娘が自分でいきていくためには、どういうことに心がけていけばいいか?

4.長男だけが、自分(母親)の傷を引き継いでいます。どうしてでしょうか?

5.支援級か普通級か、迷っている。

6.中3の息子、学校嫌い、勉強嫌い、人と話すことが苦手。高校選びはどうしたらいいか?

7.苦手なことに挑戦している子供、なかなか上手く行かないが、親としてどうすればいいか?

8.15歳娘。3年前にうつ病を発症。外にまったく出ないが、親がどこまで手を出していいのか。

子育てのヒント

・思考をクリアにする動き

・進んで勉強するようになる育て方

・反抗する気がなくなる育て方

・短所を長所に変えるメソッド

・コミュニケーション力がつく育て方

・子育てを助ける食生活のヒント

・簡単な方法で、身近な人を癒す

川相ルミ講義

・子供の問題行動について

・子供の才能を伸ばす接し方

・イライラしない子育て術

・優しく愛される子になる育て方

まとめ

質疑応答


このDVDは、「観て、終わり」ではありません。

☆無料個別相談(電話/メール)が付いています。

  私岩崎が、あなたのお悩みに全力で回答いたします。
今抱えている問題を解決して、新しい第一歩を現実に踏み出しましょう!


子育ては、子供のために我慢をすることでもなく、 出来ない自分を責めることでもありません。


まず、お母さんが自分自身に「OK!」と言えること。

その状態になってこそ、親子間で適切なコミュニケーションが取れるようになり、お子さんが変化します。

お子さんの才能を引き出して、お母さんの才能も生かす子育てを、今からぜひ始めてみませんか?

—————————————————–

『個性と才能を引き出すらくちん子育て術講座』DVD2枚組+個別相談

21,000円(税、送料込み)

—————————————————–

ご入金方法

・ゆうちょ銀行へのお振込

・ペイパルでのクレジットカード決済
お申し込み後に詳細をご案内いたします。

お申し込みは、こちらです

特別ゲスト講師:川相ルミ氏のご紹介

スクリーンショット 2014-08-08 16.54.06 運命学歴29年四柱推命・九星気学・数秘術・宿曜占星術・波動視、数万件に上る鑑定実績から得た宇宙の法則で、講座・セミナー・個別カウンセリングを実施。問題解決、夢実現のサポートに、クライアントからの絶大な信頼を得る。 川相ルミ氏自身も発達障害を持ちながら、発達障害児の子育てに悩み抜き、現在は才能を生かして活躍する娘さんのことなど… 講座では、枠にとらわれない自由な生き方と、あなたの子育てに強い自信をもたらす秘訣を語っていただいています。

広告